奇跡の大逆転ストーリー11

 

東京都 N・Kさん 31歳
----2800万相当のマンションを購入しちゃいました。
上層階から眺める夜景は癒されますね

 

私は現在31歳なんですが
歩んできた人生をお話すると、かなり驚かれます。

 

幼少期に両親は離婚、その後父親に日々虐待を受け、
7歳くらいになればそれもエスカレート。

 

ささいな事で、顔面を思い切り蹴られる
そんな子供時代でした。

 

そんな父が、事業で失敗し自己破産
身内から借りた金額は1,000万を超えて、
泣きつかれた私は昼も夜も働き、私が全額返す事に。

 

その後のちに結婚する相手と同棲をはじめ、
これで幸せが訪れると期待していた矢先、
ある友人に騙され500万の借金を負うことに

 

1,000万を返し終えた直後に降りかかった500万…
もう気力が失いかけていた時に出会ったのが高収入のお仕事でした。

 

彼氏と同棲中に高収入のお仕事に出会い
500万を返し終え結婚。

 

幸せな生活で順風満帆にと思っていた。

 

2年後、夫の不倫が原因で離婚
さらに多大な借金が判明。

 

もう自殺以外ないと何度も思いました。
そんな人生です。

 

ただ、今ではその借金も完済し、生きてきて思ったのは

 

最後に頼れるのは結局・・自分だけなんだ・・・

 

歩んできた人生が人生なので
友達や師匠には対人恐怖症と言われてますが。笑
人と接することが少なかったのでちょっと人見知りなだけです。

 

私の人生色々ありましたが
今では順風満帆な人生を歩んでいます。

 

高収入のお仕事と希望があれば何度でもはい上がれる

 

高収入アルバイトに出会い、仲間に恵まれ
尊敬する先輩。

 

人の出会いや人を気持ちを大事にする仲間に出会え、
私自身もそう思えるようになりました。

 

現在ではライフスタイルも充実させながら、ありのままで自然にお仕事。
現在はシングルマザーです。
正直、不安や焦りを感じていましたが、 少しでも楽な暮らしになりたい一心だけで無我夢中で働いた結果 きずいたら大勢のお客様に指名され高額な収入額を稼ぐ事ができました。 チャレンジして本当に良かったと心の底から思います。

 

業種はセクシー系
日給60000
週5日勤務
月給6000000円×6ヵ月
貯金額「36000000円」

奇跡の大逆転ストーリー12

 

東京都 M・Cさん 28歳
-------手術をしないと死ぬしかない難病でした。

 

 

私がお金を稼げるようになったのは、

 

お金が無いばかりに、大切な人の命を
救うことが出来なかった辛い経験があるからです。

 

 

小学生の頃、私はおばあちゃんに、
母のように育てられていました。

 

ですが、その大好きだったおばあちゃんが
突然「ガン」になってしまったのです。

 

余命半年と宣告されました。

 

 

お金があれば、必要な医療を
受けることも出来たでしょう、
それによって、延命だってできたはずです。

 

だけど、お金が無いから
満足の行く治療が出来なかった。

 

おばあちゃんは私の目の前で衰弱し、
痩せこけ、最期は毎日毎日痛い痛いと
泣きながら死んでいきました。

 

 

悲しかったです。

 

見ているのが本当に辛かった。

 

小学生だった私の小さい手で、
力の抜け切ったおばぁちゃんの手を、
一生懸命さすりながら、
可哀そう可哀そうと言って、
私は毎日泣いていました。

 

 

 

でも何もすることが出来ませんでした。
ただただ、死んでいくのを見ているしかなかったのです。

 

お金が無いから何もできない。
大事な人が死んでいくのを見ているしかない。

 

 

本当に無力だなぁって思ったんです。

 

 

だから、

 

 

大事な人を守るためにも
お金を稼ぐのは本当に大事なことなのだと
子どもながらに痛感していたのです

 

 

 

その上、今度は
出産直後の娘が、命の危機にさらされることに。

 

 

双子で生まれたうちの一方の子が、
生まれつき、心臓に奇形があり、
手術をしないと死ぬしかない難病でした。

 

 

 

医者から言われた手術費は

 

1回1000万円。

 

それが将来も何回も訪れる

 

 

そんな大金を用意することなど、
到底出来ないと思いました。

 

 

 

 

「死ねってことですか?」

 

 

 

私は何度も医者に問い詰めました。

 

 

やり場のない怒りを医者にぶつけました。

 

 

でもそんな事では問題は解決しませんでした。

 

 

自分がお腹を痛めて生んだ子どもなのに、
死んでいくまでの間ずっと見ているしかないのかと、
絶望に打ちひしがれていました。

 

 

その絶望に追い討ちをかけるように、

 

同じような重症の病気を抱えた別の子どもたちが、
一人、また一人と亡くなり、

 

ただただ泣いて
最期を見届けるしかない親たちが、
同じ緊急病棟にたくさんたくさんいらっしゃいました。

 

 

 

そんな時、私は
おばあちゃんのことを思い出しました。

 

やっぱりお金が無ければ何も出来ないんだ!

 

大事な人の命を救うことも出来ないんだ!

 

 

そう再び痛感したのです。

 

 

 

でもどうしても私は嫌でした。

 

今回は諦めたくありませんでした。

 

娘だけは絶対に死なせまいと決意したのでした。

 

 

主人も障碍者でしたので働けませんでしたから、
私がやるしかない、私が稼ぐしかない、
私が稼がないとこの子死んじゃうんだって、

 

 

そこで私の本気のスイッチがカチッと入り、
私はがむしゃらに命がけで行動したのです。

 

 

絶対嫌だ! 絶対私は稼ぐ!

 

諦めたくない!

 

絶対に稼いで娘の命を救うんだ!

 

その強い決意で。

 

 

 

結果として稼ぐことができて
娘の命は救うことが出来ましたが、

 

だから覚悟が何よりも強烈だった
ということなのです。

 

 

ただお金持ちになりたいとか、
良い暮らしがしたいとか、
豪邸に住みたいとか、
ブランド物やアクセサリーが欲しいとか、

 

そういうことではないのです。

 

 

 

愛する人、大切な人の命を救うために、
絶対に何が何でも必ず稼ぐ!

 

 

そういう覚悟を持ってやったので、
結果的に大きなお金を得ることが出来、
結果的に豪邸にも住むことが出来ただけのことなのです。

 

 

 

 

あの時、娘が心臓病で
1000万円が無ければ助からないと言われた時、

 

私がただただ弱音を吐き、言い訳してたら、
娘はそのまま死んでいたでしょう。

 

 

 

 

だってお金が無いからどうにもできないよ!

 

そんな1000万円なんて稼げないよ!

 

普通の人が1000万円なんて用意できるはずないじゃん!

 

誰も貸してくれないし、
国も何にもしてくれないんだ!

 

私は被害者だ!

 

なんで私ばかりこんな目に遭うんだ!

 

 

 

そんな弱音や言い訳ばかりを私が吐いてたら、
娘は今この世にいません。

 

 

言い訳してたら娘を助けることは
できなかったのです。

 

 

どうしてもどうしても、
死なせたくない一心で頑張ったから
娘を助けることが出来たのです。

 

 

 

もともと私に稼ぐ能力があった

 

家がお金持ちだった

 

誰かがお金を貸してくれる恵まれた交友があった

 

 

いいえ、全て違いますよ。

 

 

私がお金を稼げるようになったのは、

 

 

「覚悟」を決めたかどうか、

 

 

ただそれだけです。

 

 

 

おかれた状況も、境遇も関係ありません

 

能力だって関係ありません

 

それまでの経験だって関係ないし、

 

 

 

どんな理由も関係ないのです。

 

 

 

目の前の現実から目をそらさずに、

 

逃げずに、言い訳しないで行動したから

 

こうしてゼロから1000円を稼ぎ娘を救えたのです

 

ゼロからですよ、本当にゼロから。
オーシャンズリクルートで貯めたお給料をこんな事に使ってま

奇跡の大逆転ストーリー13

 

東京都 N・Mさん 21歳
「役者になるという夢を捨てられなかった」

 

私は、大学生で、夢は役者になることで、劇団サークルにも所属しています。
演劇が好きで、仲間と演劇について夜中まで語り合うことが本当に楽しいです。

 

しかし、3回生になり、サークルの友人たちの多くが、大学卒業後のことを考え、就職活動を始めました。
しかし、私は、役者になる夢が諦められず、「時間に縛られることなく、副業アルバイトは誰でも簡単に稼げる」と週刊誌に書いてあった記事を読んで、副業アルバイトにとても興味を持ち、就職せずに、副業アルバイトで稼ぎながら役者として生活できるまで頑張ってみようと考えました。そして、テレフォンオペレーター、コールセンターイベントスタッフ等。いろいろと挑戦してみました。

 

結論から言うと、自分の考えが甘かったことを痛感しました。
どの仕事も時間だけが長く思ったより稼げなかたのです。

 

しかし、私にはほとんど時間がないので、そもそもが無理だったのです。

 

そして、時間をかけないでできる「誰でも簡単に稼げる!」という求人広告を見つけては、応募してみたり、しかもいざ面接してみると、結局はハードワークしかなかったり、何度がっかりしたか分かりません。

 

オーシャンズ・リクルートさんに出会ったのは、正直、将来のことを考えると「役者になるという夢を諦めるしかないのかなあ」と迷っていた時です。初めて、ホームページを見た時は、「こんな業種でほんとに稼げるのかな」と思いました。なぜかと言うと、「月4回で20万」とか「週末だけでお金が稼げる」とか、あまりにも怪しすぎたからです。

 

もし、それが、本当だったら、今まで私が経験してきた副業アルバイトが一体なんだったのか分からないからです。

 

オーシャンズ・リクルートさんに教えてもらった、片手間で稼げる“ある業種”(あまりにも意外過ぎて、最初は、まさかそんな簡単な高収入アルバイトなんてあるのかと思いました・・・)で月に平均すると40〜60万円ほど稼いでいます。

 

また、事務局の方から教えてもらったバイト先で、演劇の公演の告知をしたりしているのですが、私達の演劇にも少しずつファンがつくようになってきました。また、私の知らない所で、ファン同士が交流してくれているみたいで、ファンの数がどんどん増えていることを実感しています。正直、今まででしたら、考えらないことでした。告知といえば、ずっと、ビラを配るくらいしか方法がありませんでしたから。

 

また、秋葉原でアイドルやライブ活動している友人にオーシャンズ・リクルートの事を教えてあげると、それがきっかけで、なんとTVで自分たちのグループが紹介されることになり、とても喜んでいました。今では平日でも満席の日が多いと言っていました。

 

しかも、オーシャンズ・リクルートの業種はあまり表にはでてない仕事内容もあるので、簡単に収入が上がってしまいます。月に40万円もあれば、同年代に比べると結構稼いでいますし、自分の夢のために時間を使え、夢に近づいていることを実感しているので、毎日がすごく充実しています。OCEANS RECRUITと出会えたことで、私の人生は本当に劇的に変化しました。夢を追いかけている方や時間に縛られたくない方には、オーシャンズ・リクルートのお仕事は本当に人生を変える最高の近道だと思います。

奇跡の大逆転ストーリー14

 

東京都 S・Kさん 26歳
はじめまして、S・Kです。

 

「好きなことをしてお金を稼ぐ」というのは、全ての人が思い描く夢だと思います。

 

私自身、ほんの数年前には、
「好きな事だけをしながら十分にお金を
稼いでいくということを、 いつかは達成したいけど、
本当に達成できるのだろうか。」
などとぼんやり考えていました。

 

しかし現実は日々の残業に次ぐ残業。
疲労とストレスが雪だるま式に膨れ上がり、肩や首はいつもガチガチ。

 

そんな状況の中で様々な稼げるといわれている高収入バイトに手を出しましたが、
どれも美辞麗句に塗り固められた広告に騙されていたことに気づくだけで、
全く何一つものにはなりませんでした。

 

そんなとき、私はある副業に出会ったのです。

 

そして仕事帰りや休みの日を使ってシフトを入れ、色々と体験してみる。
するといとも簡単に20万円の副収入を初月に叩きだしたのです。

 

私はその時、「これなら行ける!!」と確信しました。

 

これまでのバイトには無い、ワクワク感とドキドキ感。
長い真っ暗なトンネルの遠く向こうに見えている小さな光が
だんだん大きくなってくる感覚がしたのです。

 

このアルバイトをやって行くにつれ、またあることに気づいたのです。
これまでやってきている業種に、もう1つの業種を加えたらどうなるのか。
私は思いついたら即行動しないとダメな人間なので、すぐにWワークを実践してみました。
すると僅か2週間足らずで、17万円のさらにプラスの副収入を生むことが出来ました。

 

これまで一本柱の稼ぎ方でしかやっていなかったのが、もう2本の柱を立てることにより、
さらなる副収入を稼ぎ出せたのです。

 

それが「オーシャンズリクルート」です。

 

今、これを読んでいるあなたの目の前に、日常を豊かにできるチャンスが間違いなく存在しています。

 

是非、そのチャンスを掴んでください。

奇跡の大逆転ストーリー16

 

東京都 H・Mさん 24歳
オーシャンズに出会うことができなければ、
ずっと変わらないの日々を続けていたと思います。
---------------------------------------------------------

 

私は、現在24歳で、2人の子供がいます。高校1年生の時に妊娠して、高校を中退しました。その時に付き合っていた彼氏と籍を入れて幸せな結婚生活を夢見ていたのですが、DVや浮気が絶えず、子供の将来のこともあり、離婚を決意しました。夫がギャンブルばかりでほとんど働かなかったので、慰謝料はなしでしたが、親権は私が取りました。離婚したはいいものの、親の反対を押し切って家を出たので、頼れる身内もいないし、生活していくためにも、夜の仕事をせざるを得ない状況でした。

 

昼間は子供が起きているため、夜に2人の子供を寝かしつけてからしか、働くことはできませんでした。いつも、夜9時くらいに子供2人寝かせてから家を出るのですが、私が仕事に行くのを理解しているのでしょうか、寂しいのを我慢して、子供達が寝たフリをしてくれているのが、本当に胸が痛かったです。早くこんな生活を抜け出したいと思いながらも、他にどうすることもできず、子供の教育費も不安な状況で、このまま将来どうなるのかと、毎日おびえるような生活をしていました。

 

そんな時、お店で働いている友達が、「副業でかなり稼げるバイト知っているよ」と言われ、ご紹介して頂き、Wワークでお金を稼ぐバイトを教えて頂きました。TVでオーシャンズリクルートについて何度か見たことがあり、なんとなく知ってはいたものの、月数回のシフトである程度のお給料を得るなんて、とても信じることができませんでした。

 

私の生活を心配してくれた友人が、「子供のためにも、夜もそばにいてやりながら効率よく稼がないとダメだよ。私が登録先の会社紹介する」と言ってくれなければ、今の私はありません。

 

すぐ登録会に参加して「私に合ったあるお仕事」を紹介して頂き、わずか2カ月で、すぐに夜の仕事の収入を上回りました。今では、夜の仕事をしていた頃の何倍も収入があります。今は、子供の将来のために、貯金をしています。私は、今まで、仕事と言えば、勤めるものと思っていました。しかし、私のようなシングルマザーでも、専業主婦でも十分にできると思います。

 

私の友人にも教えましたが、彼女も、今では旦那よりも収入があると言いました。先月は、子供二人を連れて、生まれて初めてハワイに行ってきました。子供達のはしゃいでいる姿が本当にまぶしくて、こんな生活を実現させてくれたオーシャンズリクルートには頭が上がりません。

奇跡の大逆転ストーリー17

 

東京都 N・Tさん 24
私が高収入アルバイトの業界に入ったのは1年前。23歳だった。以前はコンビニの店員として働いていた。
初めての一人暮らしで、家賃や生活費をまかなうので精一杯。洋服代や食費を工面するために軽い気持ちで消費者金融に手を出した。

 

額は多くはなかったが、借り入れは毎月続き、利子はどんどん積み上がった。

 

最終的には、友人からお金を貸してほしいとせがまれ、数十万円を貸ししたことでした。
しばらくして友人は音信不通に。私の借金の総額は300万円以上にもなっていました。

 

コンビニ店員の稼ぎだけでは到底返済できない。コンビニを辞め、高収入アルバイトに足を踏み入れました。

 

「自分が悪いのはよくわかっています。でも、親兄弟を頼ることはできませんでした。当時の私には、風俗しかなかった」

 

お人好しの私は今でも人にお金を貸してしまう事があります。

 

「友人にはどうしようもないバカだよね!」

 

って言われる事もあります。

 

でも、

 

私の口座の残高は100万円をきる事はありません。

奇跡の大逆転ストーリー18

 

埼玉県 M・Nさん 34
今月も順調で、月収が68万7000円になりました!

 

これまで奴隷のように働いてきた
本業の飲食店の給料の手取りの金額を
ついに越しました!

 

お仕事をご紹介いただいてから
わずか2ヶ月弱でここまで稼ぐことができました。

 

本当に本当にありがとうございます!

 

しかも、オーシャンズリクルートのすごいところが、
ただ単に業種だけ紹介し務まらなければ、「退会」ではなく、自分に合った、しかもなるべくストレスフリーで、「これならできる!」と言うまで何度でも紹介し続けるおまとめ型紹介派遣システム!

 

あとはシフトを組んで体験入店し続けるだけ
もちろんその間、お給料も発生するから安心!

 

まだまだ
現状に満足していないです。

 

目標はまだ先にあるので、
引き続き全力で努めます、
事務局の方の目玉が飛び出るくらい
稼げるように頑張ります!

 

昨日、勤めている飲食店で休みをもらい
3歳の息子と自転車を買いにいきました。

 

これまで息子に与えてきた洋服やおもちゃは
新品を買ってあげることができずに
全てリサイクルショップなどで
中古の物を買ってきました。

 

一緒に買い物に行っても、
息子が欲しいと言う物を
買ってあげることができなくて、
テキトーに誤魔化して泣かせてました。

 

先日、友人から
息子が友達の持っている自転車に乗せてもらい
すごく楽しそうにしていたという話を聞きました。

 

そして昨日、
少し余裕ができたので、
息子と自転車を見に行きました。

 

そして初めて、
息子が欲しいと言った新品の自転車を
買ってあげることができました。
自転車にまたがる息子の笑顔は、今まで見たことがないほどの満面の笑みでした。

 

私は隠れて泣きました。
本当にこれまで申し訳なかった。

 

きっとずっと我慢していたんだなと思うと、涙が止まりませんでした。

 

奇跡の大逆転ストーリー19

 

東京都 N.Yさん 28歳
★会社設立で1億円突破!
-----------------------------------------------

 

私が学生時代、友人とネット通販のアパレルショップの会社をやるといったとき多くの人は、鼻で笑いました。

 

親には、小学生に語りかけるように優しく「身の程をわきまえて」と言われました。

 

本気で止められたり、怒られたりしなかったのは、この子が起業なんて
考えられないと思われていたからです。
私は、バカでした。

 

しかも、これといった特徴がなく普通過ぎるほどに普通の子どもでした。

 

一度会った人にすぐに忘れられる本当に目立たない子どもでした。

 

頭も良くなく、カリスマ性もない、そんな私が起業をすると言いだしたの
ですから、多くの人は本気にしませんでしたし「あなたには無理でしょう」と、思われていました。
そして、予想通り起業資金がまったくなく立ち上げるに及びせんでした。

 

起業とは名ばかりで、2年近くPCで Photoshopなどでデザインを勉強していたものの
1円も売上を上げることができませんでした。

 

早朝に日雇いのアルバイトをして、午後から自分の仕事をしていました。

 

自分の仕事といっても学習、当時は一生懸命やっていたのですが
今考えると、これじゃ売上は上がらないよな、と思うことばかりです。
借金だけあって、日雇いバイトの収入しかなかったので
家で母親の作ってくれるご飯を食べて生活をしていました。
今でいうところの単なるニートです。

 

やがてあまりにも家族や親戚や近所の目が冷たくなり、
母親も心労から病気がちになってしまい、逃げるように実家を飛び出しました。
しかし、手持ちのお金は全くなく、あるのは借金だけでしたので、
東京の大久保というところに住んでいる友人の家に転がり込みました。
友人は在宅でハンドメイドの仕事していて非常に優秀な人でした。

 

私はそこで、完全なる温情で雑用のような仕事をさせてもらいながら
なんとか毎月6万円程度の現金を得るようになりました。
寝床、お風呂、トイレをタダで使わせてもらい、友人からおごってもらったご飯や
冷蔵庫に残った食材でご飯を作りながら生活をしていました。
1日500円以下の食費で毎日過ごしていました。

 

結局、この友人の家には1年近く居候をさせてもらいました。

 

友人には今でも心から感謝しています。

 

当時、こんなことがありました。

 

姉に用事があり、姉が勤めている会社の近くでランチをすることになりました。

 

場所は東京の丸の内で、おしゃれなOLさんやできるサラリーマンが集まるエリアです。
私は、そのときばかりはきちんとした格好をしようと思い、当時もっていた
一番きれいなズボンと靴とセーターを着て、おしゃれをして待ち合わせの場所に向かいました。
丸の内に到着し、姉を見つけた私は手を振りながら笑顔で近づいていきました。

 

すると、私が近づくにつれ姉の表情がみるみる曇っていくのが分かりました。
何が起こったのだろうと思い小走りに近づきました。

 

すると、姉は開口一番
「何その汚い格好・・・同僚に見られると
ホント恥ずかしいから止めて欲しいんだけど・・・」
と心底迷惑そうに言いました。

 

私は、驚いて周りを見回すと、確かに明らかに自分の格好が浮いていることに気がつきました。

 

周りの人がピシッとしたシャツやスーツを着ているなかで、私だけ
穴だらけのしわくちゃなズボンに、白が茶色に変色している
スニーカー、セーターは毛玉だらけでした。
私は、姉の言葉にショックを受けたちまち脳天気な自分が恥ずかしくなり
その後お店に入るまでの間ずっと下を向いて歩き続けました。
ランチが終わったあと、姉がそっと3万円を私に差し出し
「これでちゃんとした服を買いな」と恵んでくれました。
帰りの電車のなかで、酷く私は落ち込みました。

 

気づけば、学生時代の友人たちは社会人として数年がたち
キラキラとまぶしい表情で仕事に打ち込んでいました。
みんな若者特有のまぶしさがありました。

 

同年代の人たちが輝いていくなかで自分だけが取り残されたようでした。

 

増え続けるのは借金だけで薄汚い洋服を着て生きていくだけで精一杯でした。

 

夢も希望もない毎日のなかでこのままパッとしない人生を
生きていくんだと諦めはじめていました。
今から就職をしてもきちんとした就職先に勤められるはずもなく
もしかしたら、将来はお嫁にもにもいけず生涯孤独に生きていくのかな
という不安もリアルに感じていました。
そんな私に、大きな転機が訪れます。

 

それは

 

『高収入アルバイト』

 

との出会いでした。

 

短期間に時間もお金もそこそこ得られる副業ことです。
最初は初めてで戸惑いもありましたが、
人と話すことがすきだった私には、向いている仕事でした。
あまりにも仕事に熱中し過ぎて体調を壊し、頭痛が酷くなり言葉が
うまくしゃべれなくなったことも数度ありました。

 

そしてスタートから約12ヶ月で起業資金は貯まり
友人とお金を出し合い本格的に会社を設立し、社員まで雇うようになりました。
そして、2013年に会社を設立してからは、2期目でショップの売上が3千万円を突破しました。
その後も売上は伸び続け気づけば、会社の売上は1億円になり、噂を聞きつけた大企業から信じられないようなオファーも届くようになりました。

 

小さいながら過去の自分からは考えられないような結果を
出すことができました。

 

高収入アルバイトというたった、ひとつの情報が私の人生を変えてくれたのです。

 

ビジネスがうまくいくようになって本当にうれしいのは
今まで、心労をかけてきた両親の誕生日や
結婚記念日に旅行をプレゼントしたり
仕送りを毎月できるようになったことです。
そして、もうひとつは、昔からの夢を叶えながら
仕事をできるようになったことです。

 

私は、小学生時代から、日本中や世界中を旅したい
という夢と、海外で生活をしたいという夢を持っていました。
今、私は友人を社長に迎え裏方プロデューサーとして
バックパッカーのように日本中や世界中を旅しながら、
好きな場所で好きな時間にパソコンひとつを持ってビジネスをしています。
南国のビーチで寝転び、気が向いたらパソコンを
取り出し仕事をする、そんな自由で何にも縛られない
生活を送り始めています。

 

東京にいたころのように、余計な付き合いや夜遊びをしなくなったので
自由に暮らしながら今まで以上に仕事で結果を出すことが出来ています。
パソコン1台あれば、場所にも、時間にも、嫌な人間関係にも
縛られずに、自由なライフスタイルを送りながら、売上を上げることができます。
東京の会社にいなくても、Tシャツに海水パンツ姿でも、仕事はできるのです。

 

結局、姉に恥をかかせたときからあまり格好は変わっていません(笑)

 

誰も知っている人がいないところで格好をつけても意味がないですから。。。

 

もちろん、この状況は東京で支えてくれる会社のスタッフのおかげではあります。
私の人生は本当に変わりました。
もし、オーシャンズリクルートに出会わなかったら今でも、借金に苦しみ、さんざんな目にあっていたと思います。

 

奇跡の大逆転ストーリー20

 

東京都 T・Yさん 27歳
★ホンダ ハスラー 新車166万円
★ルイヴィトンのトートバッグ 88万円

 

私がオーシャンズリクルートに出会ったのは、 激務のコールセンターの夜勤で神経をやられ、
うつ病になってしまって自宅療養を余儀なくされた時でした。

 

登録当初はモチベーションが上がらなくてほとんど出勤をしなかったので全然稼げなかったんですけど、

 

うつ病の症状が少し軽くなってきた時に、 1日1〜2時間くらい仕事をするようになったら
すぐ一日2〜3万円くらい稼げるようになりました。

 

一度成果が出たら、そうですね。
もうお客さんがどんどんと集まっていくのがすごい楽しくなっちゃって、気付いた時には最高月収100万円を突破していました。

 

はじめは高収入系って聞いた時に、
正直うっ、って思ってという登録をやめようかと悩んだりもしたんですけど

 

実際に勇気を出して応募してみて、
高収入系ってこんなに簡単なんだ♪って感じでサクサクと稼ぐことが出来ました。

 

オーシャンズリクルートは業種だけじゃなくてサポートもすごい充実していて、
まさに『高額収入ナビゲーション』っていう感じですかね。

 

仕事がはかどらないどうしようか悩んだ時に、事務局に相談してみると
すぐに解決に結びつくアドバイスが帰ってくる

 

稼げるようになった今でも、時々事務局サポートに相談して自分の務め方が
間違っていないか確認しています。

 

また、モチベーションの上がらない自分を、時折つついてくれる
事務局スタッフには感謝です。

 

私のやる気が出ない時を狙いすましたかのように、連絡が来て、
「よし!作業をしよう」と思わせてくれるんです。
あれはなんでだろう 監視でもされているのでしょうか(笑)

 

今までは会社からお給料を貰うだけの生活だったので、
病気になったり、会社をクビになったりしたら
自分の人生は終わるんじゃないかと毎日を不安に過ごしていたんですけど、
派遣登録し自分自身の力で稼げるようになって、
「あー会社をやめても全く問題なく生きていけるんだ」と
気持ちにすごく余裕が出来ました。

 

応募して本当に良かったです。

 

奇跡の大逆転ストーリ1の最初に戻る

 

もう、WEBや求人誌でお仕事を探す事に手間をかける必要はありません
面接しに何度も苦労して足を運ぶ必要もありません。

なぜなら・・・
この「Shirin-シリン」ならたった一回で全てが出来てしまうからです。




 

TOPへ